レビュー
» 2015年04月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:今すぐ着手すべきXP移行 Windows XPを使い続ける3つのリスク

サポート期間終了後もWindows XPを使い続ける企業は、幾つかのリスクに直面する恐れがある。OS移行は「費用対効果が低い」と見なされがちだが、それだけですまされるものではない。リスクの見極めが重要だ。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 2014年4月にWindows XPのサポート期間が終了した後も、同OSを使い続けようと考えている企業も少なからずいるのではないだろうか。実際、2014年の時点で相当数の企業が依然としてXPベースのシステムを利用していると見るのが現実的だろう。

 サポート終了後にもWindows XPを使い続けるその背景には、企業それぞれにさまざまな事情が考えられる。また、「費用対効果が低い」といって単純に切り捨てられる問題ではない。OS移行を怠った際に直面するリスクを十分に考慮する必要がある。

 この資料では、セキュリティ、生産性、運用コストの観点から、サポート終了後もWindows XPを使い続けることのリスクを紹介する。そうしたリスクを見極めるために、企業はいま何をすべきだろうか。詳しく見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -