レビュー
» 2015年04月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:30台の物理/仮想混在サーバ環境、バックアップコストを3分の2に削減する方法

サーバ仮想化が一般化し、企業内には物理/仮想サーバが乱立している。従来のバックアップ手法ではコストが膨らむばかりで、解決方法を模索している企業は少なくない。2社の事例から、今求められるバックアップ環境の在り方を探る。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバ仮想化が一般化した今、物理環境と仮想環境が混在した社内システムのバックアップ方法に悩む企業が増えてきた。このコンテンツでは同様の悩みを解決した2社の事例を紹介したい。

 幅広いIT分野でシステム開発を手掛けるTDCソフトは、バックアップソフトとカートリッジの併用でバックアップを運用していたが、Hyper-Vによる仮想化基盤の導入に伴い、コストと運用負荷の増大が課題となっていた。記憶容量の小さい旧式のLTO装置を利用していたため、テープバックアップでは保存できる容量にも限界があった。

 一方、IT分野、経理・財務分野のコンサルティングを展開するEPコンサルティングサービスでは、仮想・物理サーバ約30台のバックアップが課題となっていた。2つの会社が合併して誕生した同社では合併時からシステム統合を図ってきたが、バックアップシステムは物理サーバ単位構築しており、それぞれのハードウェア、ソフトウェアを更新しなければならず、システムコストが膨らんでいた。

 両社は一体どうやってこれらの課題を解決したのか? コスト、運用負荷、バックアップスピードといった、バックアップ環境に課題を抱えるIT部門の担当者にぜひ読んでほしいコンテンツだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -