ニュース
» 2015年04月28日 12時57分 UPDATE

日本企業のクラウド採用率は16%に、稼働率への期待は意外に低い?

ガートナー調査で採用率は直近の3年間に6ポイント増加した。採用率が最も高いのはSaaSの28%だった。

[ITmedia]

 ガートナー ジャパンは4月28日、国内企業のクラウドコンピューティング利用に関する最新調査の結果を発表した。採用率が2012年の10%から2015年は16%に上昇するなど、国内企業へのクラウドの浸透が着実に進んでいる。

 種類別の採用率はSaaSが28%で最も高く、以下はプライベートクラウド(23%)、ホステッド・プライベート(18%)、PaaS(16%)、IaaS(15%)、ハイブリッド(12%)、デスクトップ(10%)の順だった。全ての種類で過去最高となっている。

grtnr001.jpg 日本におけるクラウドコンピューティングの採用状況(出典:ガートナー ジャパン)

 また、IaaSに期待する稼働率は「99.99%」「99.9%」の合計が42%となり、「99.999%」は10%にとどまる。結果について同社リサーチ部門バイス プレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏は、国内企業の間に「業務システムは絶対に止まってはならない」という暗黙の認識が根付く中で、多くのユーザーはクラウドの実態に即した考え方を持っていると指摘する。

grtnr002.jpg 日本の企業がクラウドIaaSに期待する稼働率(同)

 IaaS事業者がユーザーに提示するサービスレベル合意(SLA)は「99.95%」が多く、ユーザー企業はSLAに「松竹梅」のように異なるサービスレベルがあることを理解した上で、期待するSLAなどの観点から業務システムに合うクラウドを選ぶことが重要だとコメントしている。

関連キーワード

クラウド | 企業 | Gartner


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -