ニュース
» 2015年04月30日 17時43分 UPDATE

IoT機器操作のAPIコンソーシアム、ドコモとソフトバンクMが設立

IoT機器をスマホなどから操作するための「GotAPI」の普及を目指す「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。

[ITmedia]

 NTTドコモとソフトバンクモバイルは4月30日、「GotAPI」の普及や機能検討などを行う「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。携帯電話事業者やメーカーなど27社が参加する。

 GotAPIは、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)機器をスマートフォンやWebアプリケーションなどから一元的に操作するためのAPI。米AT&Tやドコモらを中心に開発が進められ、16日にOpen Mobile Allianceで標準化された。

 コンソーシアムではメーカーやサービス企業への参加を呼び掛け、ウェアラブル端末やIoT機器、モバイル機器が連携する製品やアプリケーション、サービスの実現と普及拡大を目指す。

tkdocm01.jpg GotAPIの利用イメージ(NTTドコモ資料)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -