レビュー
» 2015年05月07日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:NEC IXルータやCisco機器と合わせてネットワーク監視を“使える可視化”にする方法

拠点間WAN・社内LANなど、ネットワークを可視化し、ネットワーク障害・遅延原因を素早く検知・究明するツールといえば「フローコレクタ」というのは今や常識だ。従来のネットワーク監視ツールでは実現できなかった“使える可視化”を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 ネットワーク帯域の使用状況を可視化して、障害を最小限に防ぎたいというニーズは多い。だが、現状の可視化は、本当に有効だろうか。SNMPを用いたネットワーク監視ツールは、帯域の全体量を可視化できるが、原因となるポート番号やIPアドレスは特定できない。パケットキャプチャは、抽出条件の設定と結果の集計が面倒だ。いずれも問題解決までに時間がかかるため、頭を抱えている担当者は少なくない。

 この課題を解決するのがフローコレクタのひとつ「NetFlow Analyzer」だ。NetFlowやsFlowなどのフローデータを監視・解析し、ネットワークの帯域利用状況のリアルタイムな管理が行える。アプリ別に帯域占有率の変化が一目でわかる上、ノードごとの帯域占有率が自動的にグラフやレポートで提供されるため、調査の手間が軽減される。10拠点間のsFlow監視で17.8万円/年というライセンス体系の価格も魅力だ。

 本資料では、NetFlow Analyzerの利用例を交え詳しく解説する。NetFlow Analyzerによる拠点間WANトラフィックの可視化により、グローバルネットワークの障害発生時にも迅速な問題解決が可能になった導入例も紹介。無料体験版提供を行っており、まずは資料をダウンロードして詳細を確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -