ニュース
» 2015年05月08日 16時44分 UPDATE

佐川急便、宅配便の受け取りサインはスマホでOK

佐川急便が、スマホを利用した「電子サイン」を一部エリアで開始した。荷物の受け取りにはドライバーが持つスマホ画面にサインするだけでいい。

[ITmedia]

 佐川急便は5月8日、スマホを利用した「電子サイン」を4月から一部エリアで開始したと発表した。これまで配達日翌日以降となっていた受領印データの提供も電子サインでは最短5分に短縮する。

 これまで宅配便を受け取る際には、ハンコを押すかサインを書く必要があった。新システムの導入により、受け取り時にドライバーが提示するスマホ画面に専用タッチペンでサインするだけで荷物の受領ができるようになる。また、複数個の荷物でも1回の電子サインで受領可能だ。

佐川急便
佐川急便 電子サインのイメージ(出典:SGホールディングス)

 今後、佐川急便では2017年までに全国の配達員約5万人にスマホを導入する予定。ドライバーがスマホを持つことで新商品や新サービスの提案したり、ペーパーレス化につなげたりできるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -