ニュース
» 2015年06月01日 13時22分 UPDATE

NEC、データセンター向けSDN対応スイッチ発売

「QinQフレーム方式」などの採用で、最大64万個までのVLANを利用できるようになる。

[ITmedia]

 NECは6月1日、大規模データセンター向けSDN対応スイッチの新製品となる、トップ・オブ・ラック(ToR)スイッチ「PF5340-48XP-6Q」とアグリゲーションスイッチ「PF5340-32QP」を発売した。

 新製品はQinQフレーム方式にOpenFlow技術と端末アドレス自動学習機能を組み合わせた転送方式を採用し、最大64万個までのVLANを利用できるようにした。また、SDNコントローラと組み合わせで最大6万4000ユーザーをVTNに収容できるとしている。テナントユーザーが自由にVLAN IDを設定でき、VLAN IDのネットワーク内での一意性をシステムが自動的に担保、運用管理工数を軽減させるという。

necsdn01.jpg SDN対応スイッチの新製品(NECより)

 PF5340-48XP-6Qは10GbE(48ポート)および40GbE(6ポート)、PF5340-32QPでは40GbE(32ポート)を搭載。いずれもOpen Compute Project(OCP)のデータセンタースイッチ仕様に準拠している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -