ニュース
» 2015年06月12日 15時16分 UPDATE

スキャンしたレシートや名刺、自動でクラウド連携 PFUのScanSnapクラウド

さまざまな紙資料をひとまずスキャンすれば、レシートデータは会計サービスに、名刺データは名刺管理サービスに自動で振り分けられ、入力される――。PFUが今秋をめどに、時短につながる新サービスを開始する。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo スキャナとクラウドの連携サービス「ScanSnapクラウド」

 さまざまな紙資料をひとまずスキャンすれば、レシートデータは会計サービスに、名刺データは名刺管理サービスに自動で振り分けられ、入力される――。スキャナで知られるPFUが、今秋からクラウド連携の新サービス「ScanSnapクラウド」を提供する。

 スキャン後の仕分けやデータ入力の手間を軽減するために開発したサービス。同社のWi-Fi対応スキャナを使ってレシートや名刺、写真をスキャンすると、スキャナ側で内容を判別して指定したクラウドサービスに自動でデータを送信する。

 レシートをスキャンすれば、会計サービスのfreeeにデータが入力され、名刺データをスキャンすれば、名刺管理サービスのEightに名刺データが入力される――といった具合だ。利用者は、仕分けや入力の手間が省けるほか、PCやタブレットを介することなくデータを各種サービスに送れるようになる。

sa_p01.jpgPhoto レシートをスキャンすると、スキャナ側でデータを自動判別し、テキストデータをあらかじめ設定したクラウドサービスに自動で入力する。この場合はfreeeに入力

 サービス当初の対応サービスは、会計ソフトの「freee」、名刺管理サービスの「Eight」、会計データ入力代行サービス「Dr.Wallet」、クラウドストレージサービスの「DropBox」「OneDrive」「Google ドライブ」など。対応サービスは今後、順次拡大する予定としている。なお、サービス当初の対応機種は、Wi-Fi対応の「iX100」「iX500」の2機種。

Photo 時短や業務効率化につながるサービスを目指す

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -