ニュース
» 2015年07月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータはもう“オワコン”? 撲滅すべき8つの迷信を整理する

過大な期待が寄せられたビッグデータはブームが去り、実用的な技術が次々に登場している。だが、まだ多くの人にとってよく実態の分からないものになっている。ビッグデータにまつわる事実と迷信を整理する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 ビッグデータは過大な期待が寄せられたブームが終わり、実用的な技術が次々に登場している。事実、単に企業が関心を示すだけの対象ではなくなり、実際に活用され業務の一部として受け入れられるようになってきている。

 その一方で、これだけ取り沙汰されているにもかかわらず、まだ多くの人々にとってビッグデータは実態のよく分からないものになっている。その活用を進めるためには、まずはこの技術トレンドにまつわる事実と迷信を区別することが重要だ。

 本稿では、ビッグデータに関する実用技術の最新動向とそれにまつわる8つの迷信を整理する。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -