レビュー
» 2015年07月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IT運用管理自働化時代の到来 スプレッドシート管理から脱却するには?

全てのITシステムはハードウェアの管理から逃れられない。仮想化やクラウドによって複雑さが増した分、運用管理はより煩雑になっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク間の各構成を一目で把握し、ITインフラの運用管理コストを劇的に削減するために必要なものとは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 日々のIT運用管理において新しいITインフラの導入や複雑なトラブルシューティングを行うためには、サーバ、ストレージ、ネットワークのそれぞれのチームの協力関係が必須といえる。そうした異なる運用管理業務を行っているチームの作業内容をスプレッドシートで管理していては、変更の追跡や反映が容易でない。そのため、人的ミスが起こりやすいのは明らかだ。そうした単純なミスのおかげでトラブル対応に1時間を費やす場合も少なくない。

 このコンテンツでは、IT管理者が理想とする作業手順をテンプレート化することで劇的な運用管理コストの削減を実現する統合運用管理ツール「HP OneView」を紹介する。データセンターの管理者にキャパシティーの余地を確認することなく、サーバ、ストレージ、ネットワーク間の各構成を一目で把握でき、調査が必要なときには状況を素早く確認できるといった、ITインフラやデータセンターの管理業務をシンプル化する仕組みを解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ