ニュース
» 2015年07月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:INTEROP TOKYO 2015リポート(1):企業が注目すべき「SD-WAN」とは何か

2015年6月第2週に開催されたINTEROP TOKYO 2015における展示を通して、一般企業が活用できる、ネットワークの最新トレンドを紹介するシリーズの第1回として、SDN的な考え方を企業WANに適用した「SD-WAN」に関する動きを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20150703_27672_290x290_miki.jpg

 INTEROP TOKYO 2015を前に、日商エレクトロニクスとマクニカネットワークスは、米Viptelaと国内販売代理店契約を締結したと発表し、そのソリューションをINTEROPの会場で紹介した。一方、ネットワンシステムズは、VeloCloudとの代理店契約を発表、同社のサービスをINTEROPで紹介した。

 ViptelaとVeloCloud、2社の製品は「SD-WAN(Software Defined WAN)」という、新しいカテゴリの機器/サービスだ。名前のとおり、企業の広域閉域網のあり方に変化をもたらそうとしている。

 「SD-WAN」に分類される製品のほとんどは、企業の拠点間でのIPsec VPN接続を基本としている。IPsecをMPLSに代わる汎用的なオーバーレイとして使うことで、物理的な回線構成に規定されてきた従来の企業WANを仮想化・抽象化し、これによってコスト効率や性能、柔軟性を積極的に高めようとしている。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ