ニュース
» 2015年07月07日 07時00分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:公開迫るWindows 10、アップグレード開始後どうなる? (4/4)

[山本雅史,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

エディション別の機能は?

 MicrosoftのWebサイトにWindows 10のエディション別の機能表が掲載された。ProとEnterpriseの違いとしては「Direct Access」「Windows To Go」「AppLocker」「BranchCache」「Start Screen Control With Group Policy」「Granular UX Control」「Credential Guard」「Device Guard」「Long Term Servicing Branch」などがある。

winten8-7.jpg Windows 10のコア機能。Home、Pro、Enterprise、Educationなどでも同じだ

 機能としてはProとEnterpriseによって大幅に異なるわけではない。しかし、数百台規模のPCを導入している中小企業にとって、Enterprise版はメリットのあるだと考えられる。Enterprise版は、ソフトウェアアシュアランス(SA)などのサブスクリプション契約で利用する。年額でコストを支払う必要があるため、Pro版のように“買いきり”というわけではない。

 それでもEnterprise版は、OSだけではなく、MDOP(Microsoft Desktop Optimization Pack)などのツールが利用できるメリットがある。将来を考えれば中小企業でもSA契約をベースとしたEnterprise版にシフトしていくべきだろう。Microsoftも企業ユーザーには、SA契約ベースでEnterprise版を利用してほしいと考えていることから、今後は優遇策などが発表されるだろう。

winten8-8.jpgwinten8-9.jpg ビジネス向けの機能として、ProとEnterpriseでは差が幾つか存在する。主にPC管理、セキュリティなどで差がある
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -