レビュー
» 2015年07月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:特権ユーザーの継続管理は完璧か? 手作業の管理と制御から脱却するには

企業運営にとって最重要ともいえるデータの格納先であるサーバなどへのアクセス状況は、完璧に管理・制御できているといえるだろうか? 手作業による非効率かつ煩雑な管理と制御を自動化する方法を解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 OSのrootやAdministrator、OracleなどのDatabase Administrator(DBA)といった、共有および特権アカウントのアクセス状況は定期的に管理できているだろうか? これらのアカウントは幅広い機能を使用できるため、アカウントへのアクセスは通常、パスワードにより制限および「制御」される。しかし、パスワードは破られたり、推測される可能性があるだけでなく、承認されていないユーザーと簡単に共有できてしまう。

 しかし、こうした特権アカウントの管理と制御は、多くの企業で非効率な手作業によるプロセスに依存しており、管理コストの増大やリスクの拡大につながっている。その解決策として有効なのが、継続的に管理者のアクセス権を検証する自動プロセスの導入だ。

 このホワイトペーパーでは、不完全な特権アカウントの管理と制御が招く企業運営を脅かすリスクと課題をまとめるとともに、「特権アイデンティティーガバナンス」による解決方法を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -