ニュース
» 2015年07月09日 14時36分 UPDATE

NEC、情報漏えいを防ぐファイルサーバ管理ソフトを発売

適切に管理されていない“危ない”ファイルも見つけてくれるという。

[ITmedia]

 NECは7月9日、ファイルサーバを統合管理するソフトウェアの新製品「NEC Information Assessment System V3.2」を発表した。情報漏えいを防ぐ機能を搭載したという。

 新製品ではサーバに保存されている大量のファイルを整理整頓する機能に加えて、ファイルへのアクセス権限がどう設定されているのかも把握して、設定に不備があれば修正する機能を搭載した。サーバの管理者が把握していないファイルや、無効になっているにもかかわらずアクセス権が設定されたままになっているファイル、さらには誰でもアクセスできてしまえる状況のファイルを検出できる。

nec0709-1.jpg アクセス権管理画面イメージ

 また、ソフトウェア画面を英語でも表示できるようにしており、海外のオフィスや外国人でもソフトを使いやすいように改善。「NIAS リソース管理オプション」というオプションも提供。人事異動や一時的なプロジェクトなどの際に、ファイルサーバの利用申請やその承認、利用内容の設定変更といった操作ができるようになる。

 製品価格は本体およびオプションともそれぞれ50万円から。7月31日に出荷を始める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ