レビュー
» 2015年07月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化統合の落とし穴〜仮想化導入前に押さえておきたいポイント

最適な仮想化統合のためにチェックすべきポイントは何か? ストーリー仕立ての事例から読み解いていこう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化統合を導入したものの「運用がなぜか大変になってしまっている」「見た目は統合できているのに実際はバラバラで管理負荷が増えた」「コスト効果が見えない」「環境構築に思ったより時間がかかってしまう」など新たな課題が見えてくるケースが少なくない。

 本資料では、仮想化統合の事例から特徴的なモデルケースをストーリー仕立てで紹介する。導入前、1年目(テスト導入)、2年目(本格導入)、3年目(基幹系システム統合開始)、4年目(基幹系システム統合)の各段階で抱える課題とチェックポイントを確認できる。仮想化統合を検討中の企業は、自社の取り組みに問題がないかの判断材料として活用してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -