レビュー
» 2015年07月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:プライベードクラウド検討時に読んでおきたい導入課題の傾向と対策

サーバ仮想化が普及期を迎えた現在、ICT投資の適正化の面でより効果を高めるためには、もう一歩進んだプライベートクラウドの導入検討をお勧めしたい。プライベートクラウド推進の過程において重要なポイントとなる仮想化共通基盤導入時の課題を考えてみよう。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバの仮想化は、物理サーバを集約することにより企業に多くの利点をもたらすが、安易な仮想化基盤導入は、意図せずに工数と期間が増加する可能性がある。導入時には「物理サーバより工数が増えるのでは?」「インフラ設計・構築に時間がかかるのでは?」といった疑問が、運用時には「アプリケーション環境構築ごとに設計や検証作業が必要なのでは?」「仮想サーバ作成時の切り出しは?」、増設・拡張時には「増設する機器や製品ごとの組み合わせ検証や接続検証が必要では?」という期間の延長につながる不安や疑問を持つケースが少なくない。期間の遅れが大きな機会損失にならないよう、しっかりと見極めることが必要だ。

 本リポートでは、導入時、運用時、拡張時での工数低減による期間短縮という観点から上記の課題解決策を解説し、スムーズな導入を促進するソリューションを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ