ニュース
» 2015年07月23日 08時27分 UPDATE

Android版YouTube、縦長動画の全画面表示が可能に

これまで全画面表示しようとすると左右に大きな黒いスペースが表示されてしまったYouTueの縦長動画が、Android版の最新アップデートで、端末を縦位置にしたまま全画面表示できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Android版YouTubeアプリの7月21日のアップデート(バージョン10.28.59)で、縦長で撮影された動画の全画面表示が可能になった。Google Playの「新機能」では紹介されていないが、米Android Policeが報じた。

 YouTubeのモバイルアプリでは従来、端末を横置きにすると自動的に大画面表示になるが、縦位置で撮影・投稿された動画は高さに合わせて表示されるので、左右に大きく黒いスペースが表示される。縦長で撮影した動画を投稿しないよう呼び掛ける運動まであり、「Vertical Video Syndrome(縦長動画症候群)」という言葉が作られた。

 vertical 1 縦長動画投稿をやめようと呼び掛ける動画

 Android版YouTubeで、縦位置で縦長動画の再生を開始すると、動画の右下に拡大を促す矢印が表示され(下左図)、これをタップすると縦位置のまま動画が全画面表示される(下右図)。

 vertical 2 縦長動画を縦位置で全画面表示できるようになった

 端末を横位置にすると従来通りの表示になる。

 vertival 3 横位置で再生する縦長動画

 iOS版にはまだこの機能は追加されていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -