ニュース
» 2015年07月31日 06時50分 UPDATE

CiscoのルータにDoSの脆弱性、ファームウェアを更新

この脆弱性の悪用を試みる事例は確認されていないものの、一部顧客でこの問題に起因する障害が発生しているという。

[鈴木聖子,ITmedia]
csco01.jpg Ciscoのセキュリティ情報

 米Ciscoは7月30日、ルータ製品「ASR 1000 Series Aggregation Services Router」に関する脆弱性情報を公開し、同ルータに搭載されているIOS XE Softwareの更新版をリリースしてこの問題に対処したことを明らかにした。

 Ciscoのセキュリティ情報によると、脆弱性は断片化したIPv4およびIPv6パケットを再構築する際の不適切な処理に起因する。悪用された場合、リモートの認証を受けない攻撃者が細工を施したパケットを送り付け、パケット処理プロセスをクラッシュさせてサービス妨害(DoS)状態に陥れることが可能とされる。

 危険度は、共通脆弱性評価システム(CVSS)のベーススコアで7.8(最大値は10.0)と評価している。

 Ciscoによると、この脆弱性の悪用を試みる事例は確認されていないものの、一部顧客でこの問題に起因する障害が発生。問題のトラフィックは特定のIPv4アドレスから送信されていたことが分かり、Ciscoが確認した結果、悪意はなかったことが判明したとしている。同社は顧客に対し、IOS XE Softwareを更新してこの問題を修正するよう強く勧告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -