ニュース
» 2015年08月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:INTEROP TOKYO 2015リポート(2):無線LANが、企業内LANのSDN化を推進する

2015年6月に開催されたINTEROP TOKYO 2015で見られた一般企業の社内LANに関するトレンドの1つは、多くの企業にとって、無線LANが社内ネットワーク変革のきっかけになり得るという点だ。企業内ネットワークのSDN化は、データセンターやWANより遅いといわれてきたが、無線LANがきっかけとなって、この「常識」が再考を迫られる可能性が出てきた。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20150814_290x290_miki.jpg

 過去2、3年における企業LANに関する最大のトピックは、無線LAN市場の高い成長だ。調査会社IDCによると、世界の企業向け無線LAN市場は2013年に15%伸びた。2014年には成長が8.5%に鈍化したが、企業の社内において、PCなどの端末をLANケーブルに接続するケースは減ってきている。

 無線LANが有線LANに代わり、企業の社内における標準的な端末接続手法になるということは、企業が自社のLAN全体を考え直すきっかけにもなる。その理由は次の点にある。

  • 無線LANには、容易な統合管理のための仕組みがある
  • 拠点ネットワークの遠隔管理が容易になる
  • ユーザー中心のネットワークサービス提供の基盤になる

 これらの特性を生かし、無線LANでは、社内LANにおけるエッジネットワーキングを変革できる。そしてこれを、社内LAN全体のSDN化に生かしていくことができる。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ