レビュー
» 2015年08月24日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:サイバー世界大戦:国家レベルの高度なサイバー攻撃の背景を理解する

目に見えないサイバー空間で何が起きているのか? サイバーネットワークにおける激しい攻防の実態を露わに!!!

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 サイバー空間上では各国政府がデジタル時代の覇権を巡り既に戦場と化しており、見えない戦争を繰り広げられている。 武器等を使用し実際に人を傷つけ合う全面戦争には二の足を踏む多くの国々も、サイバー空間上におけるサイバー攻撃は、国家主権を守り、また、国力を誇示するための主要な戦力の一つとして考えられるようになった。 この見えない戦場で勝敗の帰趨を決するのはライフルや戦闘機、ミサイルではなく、ビットやマルウェア、ボットネットなのである。

 従来の戦争と異なり、サイバー空間上の戦争では、基本的には公の目に触れることはなく、弾頭の爆発、建物の崩壊、逃げ惑う市民といった衝撃的なイメージが形になることはないのである。 しかし、犠牲者は日ごとに増えており、中には大手のIT企業や金融機関のほか、重要な軍事施設や政府機関も含まれている。 サイバー攻撃はそれ自体が目的ではなく、政治、経済、軍事に関わる多様な目標を達成する強力な手段になり得ると考えられる。

 このレポートでは、政府主導のサイバー攻撃の国別の特徴を説明する。 この情報は、セキュリティの専門家が攻撃者を特定し、対応策を考える上で参考になるはずである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -