ニュース
» 2015年08月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは

TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どのような方向に進もうとしているのか。これを探る2回シリーズの第1回目として、ガートナーの説明の概要をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20150828_290x290_miki.jpg

 IT調査会社のガートナーは、Tableau、QlikSenseなどのセルフサービスBIツールを、「データディスカバリ」製品と呼んでいる。データディスカバリ製品は、ビジネスにおいてデータを分析する人々の層を大きく広げた。ガートナーも、このジャンルの製品に力を入れるTableau Softwareやクリックテックを、同社の「Magic Quadrant for Business Intelligence and Analytics Platforms」(BIプラットフォームについての製品/ベンダ調査)で過去数年、高く評価してきた。2015 年の同調査でも、「Ability to Execute(実行力)」ではこの2社が最上位にランクしている。一方、Magic Quadrantのもう1つの軸である「Completeness of Vision(ビジョンの完全性)」については、SAS、IBM、SAPといった企業を最も高く評価している。

 だが、BIの世界はこのままでは済まない、データディスカバリの次の段階に進もうとしていると、ガートナーはいう。データディスカバリの次を、同社は「ビッグデータディスカバリ」という言葉で表現する。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -