ニュース
» 2015年08月28日 07時38分 UPDATE

Adobe、ColdFusionの脆弱性を修正

「BlazeDS」に脆弱性が存在し、悪用された場合は情報流出につながる恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
adbcf01.jpg ColdFusionがアップデート

 米Adobe Systemsは8月27日、「ColdFusion」の脆弱性を修正するホットフィックスを公開した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、今回のホットフィックスでは「BlazeDS」に存在していた1件の脆弱性に対処した。悪用された場合、情報流出につながる恐れがあり、緊急度は上から2番目に高い「重要」と評価している。

 この問題は、ColdFusion 11の「アップデート6」、ColdFusion 10の「アップデート17」で修正された。優先度はいずれも「2」と定義され、目安として30日以内のアップデート適用を推奨している。

adbcf02.jpg リリースから20年を迎えた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -