ニュース
» 2015年09月17日 12時49分 UPDATE

クライアント仮想化市場の3大ベンダーはどこ?

2014年のマーケットシェアをIDC Japanが発表している。

[ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは9月17日、2014年の国内クライアント仮想化市場でのシェア上位のベンダーを発表した。端末、ソフトウェア、ソリューション、サービスの4分野で大きな変化はないという。

分野 1位 2位 3位
専用端末 HP 日立 デル
ソフトウェア マイクロソフト シトリックス ヴイエムウェア
ソリューション(オンプレミス) 富士通 日立 NEC
サービス(DaaS) 富士通 NSSOL 日立
idc0917.jpg 端末市場のベンダー別シェア(IDC Japan調べ)

 専用端末市場では上位3社の実績が突出、ソフトウェア市場ではマイクロソフトが50%以上のシェアを確保した。サービス(DaaS=デスクトップ仮想化サービス)市場は参入障壁が低いことから、今後多くのSIerなどが参入する可能性が高いという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ