ニュース
» 2015年09月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか

BIの世界に「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が押し寄せようとしていると、IT調査会社のガートナーは指摘する。IT INSIDERの前回は、同社の予測の概要を紹介した。では、BIプラットフォームベンダーは、どのような動きを見せつつあるのか。今回はこれを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20150925_290x290_miki.jpg

 前回紹介したように、ガートナーはBIプラットフォームの世界に、「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が来ると予測する。

 「ビッグデータディスカバリ」のプラットフォームは、まずデータ対象でいえば、従来型の構造化データから、各種の非構造化データ、さらにはいわゆるビッグデータまでをカバーする。そして、これら全てにまたがり、必要に応じて複雑・高度な分析ができるようになる。つまり、データ対象が横に広がる。一方で機能面では、特にビッグデータ関連では、高度な分析が可能になるという意味で、縦に広がることになる。

 これを受け、BIプラットフォームベンダーの間では、新たな動きが活発化しているという。、「データサイエンス(高度な統計分析)」「データディスカバリ(セルフサービスBI)」「ビッグデータ」の各分野の製品を提供するベンダーが、他の2つの分野までをカバーしようとする動きが強まっている。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ