ニュース
» 2015年09月25日 07時00分 UPDATE

IBMが教育、IoT分野に本腰 ビッグデータや分析、AIを強みに

ビッグデータ、アナリティクス、コグニティブコンピューティング分野の強みをIoTと教育市場に生かすため、2つの部門を新設する。

[ノーバジェット,ITmedia]
Photo

 IBMは9月17日、IoT関連と教育市場関連の2つの部門を新設することを明らかにした。両部門とも、同社の強みであるビッグデータ、アナリティクス、コグニティブコンピューティングを生かしたソリューション開発が狙いだ。

 IBMは2015年3月に、今後4年間にわたって業界別のコグニティブコンピューティング技術、クラウドデータサービス、開発者ツールを提供することを目指して、30億ドルの投資を行うと発表している。この投資は、顧客やパートナーがIoTを通じてこれまでにない大量のデータを統合するための技術開発に費やすとしている。

 新設されるIoT関連部門は、近日中に2000人超のコンサルタント、研究者、開発者から成るチームとして発足。教育部門は年内に正式に発足するという。

 新部門を統括する副社長兼ゼネラルマネジャーは、ハリエット・グリーン氏。IBM入社前は、Thomas Cook GroupでグループCEO兼エグゼクティブディレクターを務め、英国のナショナルビジネスアワードで2013年のリーダーに選出されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ