ニュース
» 2015年09月28日 12時07分 UPDATE

トレンドマイクロのサーバ保護製品、vSphere 6.0に対応

バージョンアップにより、対応プラットフォームが多数追加された。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは9月28日、総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」のバージョンアップを10月1日から提供すると発表した。

 最新版の9.6ではエージェントレス型のセキュリティ対策ツール「Deep Security Virtual Appliance」がVMware vSphere 6.0に対応するほか、エージェントでもWindows Server Core、Debian 6/7、SUSE Linux Enterprise Server 12、Oracle CloudLinux 7/Linux 7に対応する。

 また、有償オプションでSAPのERP、CRM、SRM(購買管理)とも連携し、SAP NetWeaverにDeep Securityのエージェントをインストールすることで、サーバ上のSAPシステムのデータを保護する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -