レビュー
» 2015年09月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:21週間で91.53%ストレージ容量を削減 テスト結果に見るバックアップ統合の効果

仮想化の増加によりITインフラのコスト削減は進んでいるが、バックアップやリカバリに関する運用はかえって煩雑化している。この解決策としてバックアップ統合が挙げられるが、果たしてどれほどの効果が見込めるのだろうか。第三社機関による実測効果リポートを見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 米IT専門調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)の調査では、ITプロフェッショナルが「ITに関する最重要課題」のリストの先頭に、4年連続で「バックアップとリカバリの改善」「サーバ仮想化の増加」「データ増加の管理」を挙げているが分かった。これら個別の課題は、ときに1つの大きな課題となって頭痛の種となることがある。すなわち、「増加する物理および仮想化データをどのように保護するのか?」という決断を迫られながらも、サーバの仮想化がバックアップとリカバリを複雑にしているということだ。

 このような状況でIT部門が考えるべきは、データの重複排除や圧縮によるデータ量の削減はもちろんのこと、データ保護やリカバリに関する各種の運用を統合することによって作業負荷を削減することだ。このホワイトペーパーは、ESGが最新のバックアップ統合ソリューションによるデータ削減効果や運用効率効果を、第三社視点で実測したリポートである。「21週間で91.53%ストレージ容量を削減」といったデータ削減効果をはじめ、平均作業時間の削減効果などを公表している。仮想化やクラウドの活用により、日々のバックアップ作業が煩雑化、長時間化しているIT部門に、ぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ