ニュース
» 2015年10月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 :ネットワークスローダウンの処方箋

特集は、ネットワークの速度が低下したときの対処法を解説。他に、自社特許の無償譲渡を発表したGoogleの真意、HeartbleedバグがOpenSSLにもたらした影響、ソフトウェアテスト自動化ツールの導入事例などをお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ge_cw17788.jpg

 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。

■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始

 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目的とは?

■HeartbleedバグはOpenSSLに極めてポジティブな影響をもたらした

 IT業界に大きな影響を及ぼしたOpenSSLのHeartbleedバグ。セキュリティ企業Rapid7のビアズリー氏は、これを「ポジティブな影響」と評価する。

■掲示板への書き込みもバレバレ!? VPNサービスに通信内容漏えいの脆弱性

 調査の結果、VPNサービスを提供しているプロバイダーの多くに、情報漏えいの脆弱性が存在していた。その意外な原因とは?

■開発サイクル短縮の鍵を握るテスト自動化ツールのさらなる導入効果とは?

 クラウドソフトウェアを開発しているLeadDeskは、開発サイクル短縮のためテスト自動化ツールを導入。その導入効果とは?

■インフラの強化を考える前にやるべきネットワーク速度低下の改善策

 速度低下の原因として、ネットワークに深刻なボトルネックが生じている可能性が考えられる。こうしたボトルネックは、新しい設備予算を検討する前に対処すべきものだ。


ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ