レビュー
» 2015年10月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア

昭和シェルビジネス&ITソリューションズは、SAPのバージョンアップのタイミングで仮想化基盤への移行を決定。サービス・レベルを維持しつつTCO削減と次世代を見据えた基盤構築を目指す同社の選択したアーキテクチャとは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 石油事業とエネルギーソリューション事業を中核とする昭和シェルグループの情報システム会社である昭和シェルビジネス&ITソリューションズ。同社は、サービス・レベルを保ちつつ、コスト削減を実行することを課題の1つとして取り組んでいる。昭和シェルグループでは、10年以上前から基幹システムにSAP R/3を導入し、Unix環境で運用、段階的にモジュールを追加導入してきたが、SAP R/3からSAP ECCへのバージョンアップのタイミングで、より低コストな仮想化基盤への移行を決定した。

 同社では、サービス・レベルを維持したまま、TCO削減を実現、という観点からハードウェア基盤の検討を開始。コスト・パフォーマンスや拡張性、SAPやVMwareのハードウェア認定を受けている信頼性に加え、今後10年の次世代の仮想化に対応できるアーキテクチャであることなどから、導入製品を選定した。

 本ホワイトペーパーでは、同社の移行プロジェクトを製品検討段階から導入、メリットまで関係者のインタビューを交え、紹介していく。当初の想定コスト削減目標を達成しただけでなく、夜間のバッチ処理時間短縮、省スペース、省電力化を実現するなどさまざまなビジネスメリットを得た製品とは? ぜひ資料で確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ