ニュース
» 2015年10月28日 15時00分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2015 Report:オラクル、SaaS「Oracle ERP Cloud」に新機能 適用業務領域を拡充

クラウドERP製品「Oracle ERP Cloud」へ190以上の新機能が追加。適用業務領域も拡張する

[岩城俊介,ITmedia]

 米Oracleが10月26日(現地時間)、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2015」で、クラウド対応の基幹業務システム「Oracle ERP Cloud」の機能拡張を発表した。

 Oracle ERP Cloudは、統合基幹業務システム(ERP:Enterprise Resource Planning)をクラウドで提供するソリューション。今回、新たに190以上の新機能を追加するとともに、導入企業の拡大を図るべく、業界個別の要件をカバーする機能も拡充した。

 例えばOracle ERP Cloudの1種として金融業界に特化した「Oracle Financials Cloud」は送金や支払の計画とバランスを改善し、短期流動性を管理する機能や、セキュアに財務リポートを共有できる「Finanial Reporting Center」機能を中心に、組み込み型のBI(ビジネスインテリジェンス)機能を備えた。

photo オラクルのクラウドサービス群(出典:日本オラクルの資料 2015年7月)

 製造業や小売業へ向けた「Oracle Procurement Cloud」は、支払先との協業体制の強化を図れる「直接材料発注」機能を備える。これまでの間接材料発注機能に加え、直接材料への対応によって、構成部品や仕入先直送、連続発注といった製造プロセスや物流プロセスを網羅して管理できるとする。クラウドとオンプレミスの両方のソリューションとの統合の範囲も拡張した。

 このほか、業務部門が実施する詳細リポート作成支援などのためのセルフサービスBI(Business Intelligence)機能も組み込んだ「Oracle Project Portfolio Management(PPM)Cloud」、サプライチェーンを展開する企業向けの「Oracle Supply Chain Management(SCM)Cloud」もラインアップに加える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -