ニュース
» 2015年10月28日 15時00分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2015 Report:オラクル、モバイル/IoTを統合する「Oracle Cloud Platform for Integration」を強化

Oracle OpenWorld 2015で「Oracle Cloud Platform for Integration」が発表。クラウド、モバイル、IoTカテゴリのアプリケーション統合を強化する。

[岩城俊介,ITmedia]

 米Oracleが10月27日(現地時間)、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2015」で、包括的なインテグレーションサービススイート「Oracle Cloud Platform for Integration」の機能強化を発表した。

 Oracle Cloud Platform for Integrationは、同社がOracle OpenWorld 2015で強く訴求する「企業のクラウド移行とクラウド/オンプレミスを包含した管理」に沿い、クラウドとオンプレミスのアプリケーション、そしてモバイルやIoTデバイスでのアプリケーションとサービスの統合を簡素化できるという。

 このPaaSは「Oracle IoT Cloud」、「Oracle Integration Cloud」、「Oracle API Manager Cloud」などを統合管理したいと思うユーザーニーズに対応する一連のサービスで構成する。操作ツールとしてWebベースのポイント&クリック型ユーザーインタフェースを用意し、SaaSアプリケーションを統合するインテグレータやIT部門、そして自己のチームで率先してSaaSを導入する業務部門へ訴求する考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ