レビュー
» 2015年11月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VDI導入を諦めない 「VDI+シンクライアント」を低コスト導入するアイデア

通常のHDD付きPCとVDIの導入・運用コストの内訳を比較し、VDI導入がどうしても高コストになってしまう理由を解説。「VDI+シンクライアント」を低コストで導入するためのさまざまな方法を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 デスクトップ仮想化(VDI)の導入は、社内ITの利用を自席から開放する、端末にデータを残さず安全に利用できる、端末故障時の業務停止と復旧の手間を解消するといった、さまざまなメリットがある。しかし、導入に当たってはやはり「コスト」という大きな壁がある。

 一般的なHDD付きPCには、デスクトップPCやノートPCのハードウェアとクライアントOSに加え、セキュリティソフトウェアの配布コストやアップデートに掛かる運用コスト、HDDなどの部品が故障した際の対応などのコストと工数が発生する。

 一方VDI導入では、VDI基盤に入れるクライアントOSのコストは一般的にHDD付きPCよりも高くなる。また、VDIを動かすためのソフトウェア、サーバ、ストレージのコストなども必要だ。これらがベンダーの見積もりを見て驚いてしまう理由となっている。しかしここで諦めてしまっては、理想のワークスタイルを手に入れることはできない。

 このコンテンツでは、通常のHDD付きPCとVDIのコストの内訳を比較し、VDI導入がどうしても高コストになってしまう理由を解説。そして「VDI+シンクライアント」を低コストで導入するためのさまざまな方法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -