レビュー
» 2015年11月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:自社に合うのはどれ? 3つのデスクトップ仮想化方式の違い

デスクトップ仮想化には、VDIに代表されるようにさまざまな方式がある。自社要件に合った方式を選択するために、管理性、カスタマイズ性、価格、接続性などに着目して、各仮想方式の仕組みを理解しよう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 一口にデスクトップ仮想化と言っても、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)、DaaS(Desktops as a Service)、RDS(Remote Desktop Services)など、さまざまな仮想化方式が存在する。また、これらの仮想化方式ごとに適する用途や業務が異なる上に、提供ベンダーや製品、そしてライセンス方式に至るまで多様な選択肢があることも悩ましい問題だ。これらの違いに混乱し、デスクトップ仮想化導入や製品選択に踏み切れないという企業も多いだろう。

 この資料では、VDI、DaaS、RDSそれぞれの仕組み、用途、代表する提供ベンダーのサポートについて解説している。自社の環境に合った仮想化方式を選ぶ参考に活用してほしい。

※このコンテンツはTechTargetジャパン編集部によって制作されたものです。内容に関するお問い合わせはアイティメディアまでお願いします。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -