ニュース
» 2015年11月18日 07時51分 UPDATE

Adobe、ColdFusionとLiveCycle DS、Premiere Clipの脆弱性を修正

ColdFusionの脆弱性を悪用された場合、反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月17日、「ColdFusion」「LiveCycle Data Services(DS)」「Premiere Clip」のセキュリティ情報をそれぞれ公開し、脆弱性修正のためのアップデートをリリースしたことを明らかにした。

 ColdFusionはバージョン11と12を対象にホットフィックスを公開した。反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃に利用される恐れのある入力値検証問題2件と、同社のオープンソース技術「BlazeDS」の脆弱性1件を修正している。

 LiveCycle Data Servicesの更新版ではBlazeDSの脆弱性に対処した。悪用された場合、細工を施したXML文書を使ってサーバサイドリクエストフォージェリ攻撃を仕掛けられる恐れがある。

 iOS向けの動画編集アプリPremiere Clipでは、更新版の1.2.1をiTunes Storeを通じて公開し、1件の入力値検証問題を修正している。

adbsec01.jpg 3製品のセキュリティアップデートが公開された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -