レビュー
» 2015年11月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ミッションクリティカルなアプリケーションの継続的な可用性確保に求められる戦略とは

現在多くの企業が広範囲にわたるミッションクリティカルなアプリケーションのダウンタイム発生に頭を悩ませている。調査結果から高い可用性を実現する戦略について考察していく。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 継続的な可用性が要求されるミッションクリティカルなアプリケーションだが、多くの企業は現在の可用性戦略に満足していないようだ。本資料は、UNISPHERE RESEARCHがIOUG(Independent Oracle Users Group)およびそのグローバルパートナー組織のメンバー315名に対し、ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性について行った調査とその分析結果をまとめたリポートだ。

 これによると、多くの企業が厳しいSLA(サービス品質保証制度)を満たすのに苦労しており、46%の回答者が現在の可用性戦略に満足していないと回答。現時点でほぼ同時にレプリケーションをサポートできる可能性がある企業は3分の1にとどまっている。資料では、緊急を要するデータの可用性に関する懸念と懸念に対処している方法に関する最新の調査結果と分析を提示。ダウンタイムを削減し、信頼できるIT環境をエンドユーザーに提供するには、何が必要かを分析結果から読み取っていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ