レビュー
» 2015年11月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:激変するIT環境下でユーザーの利便性向上と効率的な管理を両立する統合ソリューションとは

ユーザーを取り巻くIT環境が大きく変化する中、システム管理部門はこれまでにないアプローチが求められている。エンドユーザー環境の多様化に対応する統合プラットフォームのメリットを詳しく見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ユーザーを取り巻くIT環境は、新しいデバイスやプラットフォームの台頭、クラウドサービスやモバイルアプリの急増、ITのコンシューマライゼーション、モバイルワーキング志向の高まりなど、ここ数年で大きく変化している。これを受けて、システム管理者はユーザーの利便性を向上しつつ、より高度で効率的な管理の実施が求められている。この2つを両立するには、デスクトップ、アプリケーション、データを統合管理して提供するという新しいアプローチが必要になる。

 本項では、エンドユーザー管理の包括的なプラットフォーム「VMware Horizon Suite」のメリットを7項目にわたり詳しく解説する。VMware Horizon Suiteは、今まで個々のPC上でサイロ化されていたデスクトップ、データ、アプリケーションを、サーバ上で統合管理できる統合ソリューションだ。仮想化基盤「vSphere」を標準搭載しており、効率的なデスクトップ管理が行えるのも大きな強みになっている。企業の生産性を高め、より柔軟なワークスタイル実現を可能にする総合的なエンドユーザー管理について、資料から読み解いていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ