レビュー
» 2015年12月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「最先端データセンター」を目指すための第一歩

データセンターサービスの提供企業は多いが、エクイニクスは常に「世界最高のデータセンター」を目指すという。どのような価値をユーザー企業に提供するのか。自社のデータセンターを世界レベルの「最先端データセンター」へと変えるヒントを紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビジネスがグローバル化する現在、世界へと打って出る企業がデータセンターサービスを選ぶならやはりグローバル対応サービスを選ぶべきだろう。しかし海外にデータセンターを1つ設立しただけで「グローバルデータセンター」を名乗る企業もあるが、果たしてそれで本当のグローバルといえるだろうか? 

 このホワイトペーパーでは、5大陸15カ国の戦略的に選ばれた32市場で、95カ所以上のデータセンターを運用する、エクイニクスのデータセンターサービスの提供価値を詳しく紹介する。通信事業者、サービスプロバイダー、コンテンツネットワークで構成される卓越した接続網を持ち、950社以上のネットワークプロバイダーと450社以上のクラウドおよびSaaSプロバイダーとの接続を確保したグローバルデータセンターが提供する価値とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ