レビュー
» 2015年12月25日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:もうプロキシは使わない! より効果的なWebセキュリティを検証する

プロキシベースのURLフィルタリングデバイスでは、現状のネットワークの脅威に対応しきれなくなっている。本項ではプロキシの抱える課題を解説し、より効果的なフィルタリングについて検証していく。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 アプリケーションが進化し、新たな脅威が絶えず登場する中で、企業にとって従業員の業務効率を下げずにネットワークを保護することが困難になっている。社内外から様々なデバイスでネットワークを利用し、多くの異なるポートやプロトコルと通信する新しいアプリケーションにアクセスすることで、問題が表面化している。

 プロキシベースのURLフィルタリングデバイスによる可視性は、一部のアプリケーションやプロトコルに限定されており、Skypeなどポートホッピングを行うアプリケーションは、プロキシベースのデバイスを迂回することができる。また、負荷の高い作業を行うことでパフォーマンスの低下を招く、アプリケーション対応の遅さなどいくつかの問題を抱えている。

 本ホワイトペーパーでは、アプリケーション、ユーザー、コンテンツに関する高い可視性とコントロールが可能な次世代ファイアウォールの導入で、プロキシベースのデバイスが不要になった事例を紹介。プロキシベースのデバイスの課題点を取り上げて、より効果的なURLフィルタリングについて解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -