レビュー
» 2015年12月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:セキュリティのためのネットワークセグメンテーションを可能にする次世代ファイアウォールの実力

近年、企業はネットワークの大きな変化に直面しており、従来のセキュリティ戦略の見直しを迫られている。セキュリティのためのネットワークセグメンテーションの有用性とそれを可能にするソリューションについて解説する。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 近年、アプリケーションの複雑化、ユーザーアクセス動向の変化に加え、ネットワークの脅威となる攻撃者も専門的で組織的なものに変貌しており、ネットワークの脆弱性は増している。これを受けて、企業はこれまでのセキュリティ戦略の再考を迫られている。

 ネットワークセグメンテーションは、コンプライアンス対象領域を縮小、データの引き出しを制限、攻撃対象を縮小するために、企業のネットワークを管理しやすい安全なセグメントに分割する最適な方法だ。だが、仮想LANやACLの切り替え、ポートやプロトコルベースのファイアウォールなどの従来の方法では、ネットワークセグメントを効果的に保護するためのアプリケーションの可視化やユーザーのアクセス制御を行うことができない。

 本項では、ネットワークのセグメント化をサポートする次世代ファイアウォールのメリットを紹介する。プロトコルに依存せず、アプリケーション、ユーザー、コンテンツなどを可視化でき、遮断やログ取得といった制御を容易に行えるソリューションの詳細を資料で確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ