ニュース
» 2016年01月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか

iPad Proが登場した当時、既存のノートPCをオフィスから駆逐するかのように喧伝していた熱烈なる支持者が少なからずいた。彼らはなぜそのように考えたのだろうか。一時の熱狂が収まった今こそ振り返りたい。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になっている。

 12.9型ディスプレイを搭載して本体の重さが約723グラム(無線LANモデル)と軽く、キーボード付きカバーをオプションで用意する「iPad Pro」は、2-in-1としても利用できることから、それまでのWindows搭載2-in-1をオフィスから駆逐できると期待する関係者が少なからずいた。彼らは、搭載するOSが片や汎用のWindowsシリーズ、片やモバイルデバイス向けOSのiOS 9を搭載するといったオフィスで使うツールとしては重大な相違があるものの、双方OS陣営(そして往々にして新世代旧世代)の代表として「Surface Pro 3」とiPad Proを比較することが多かった。

 果たしてiOS搭載2-in-1はWindows搭載2-in-1をビジネス利用で超えることができるのか。その検証を紹介する記事をまとめてみた。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ