ニュース
» 2016年02月16日 15時30分 UPDATE

シマンテック、サイバー攻撃者の情報を企業に提供

攻撃者の動きや正体を知ることで、被害抑止に向けた対応に生かせるという。

[ITmedia]

 シマンテックは2月16日、企業向けにサイバー攻撃者などの情報を提供する「DeepSight Intelligence services」サービスを開始した。攻撃者の正体や手口などをいち早く知ることで、企業は被害抑止に向けた対応へ役立てられるという。

symnatec01.jpg DeepSight インテリジェンスポータル

 同サービスは、攻撃元に関する情報やシマンテックでの分析結果、脅威を防ぐための対策情報を提供する「Managed Adversary and Threat Intelligence」と、企業への個別のレポートや脅威の動向予想などの情報を提供する「Directed Threat Research」で構成される。

 サービスで提供される情報は、同社のWebポータル「DeepSight インテリジェンスポータル」で入手できるほか、APIを利用してセキュリティアプリケーションにも自動的に取り込めるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ