レビュー
» 2016年02月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド時代のリレーショナル・データベース管理を考える

データベースへのニーズが多様化する現在、データベースサーバに求められるものとは何か。リレーショナル・データベースの判断基準について解説しながら、RDBMS製品選択に考察していく。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 クラウドやビッグデータ活用が脚光を浴びる現在、データベースへのニーズも多様化している。こうした新しい用途には、必ずしもこれまで同様に高機能な商用RDBMS製品を選択する必要はなくなってきた。ニーズの多様化とともに、データベース製品も多種多様な製品が登場している。このような状況を踏まえて、最適なデータベース製品を選択する目を持つにはどうすればよいだろうか。

 本ホワイトペーパーでは、データベースとは、データベースサーバとはといった基本的な概念から、リレーショナルモデルの考案者であるE.F.コッドの12の規則について説明。リレーショナル・データベースサーバかどうかの判断基準について解説し、本来考慮すべきデータベース管理システムとはどのようなものかを考えていく。また、PSQLデータベースサーバをコッドの規則に当てはめて、リレーショナル度を採点。データベース市場におけるリレーショナルな製品としてのPSQLの実力について詳しく解説する。データベース開発を考える際の開発者へのヒントが詰まったリポートだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ