レビュー
» 2016年02月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:境界集中型セキュリティの欠陥に対応する「ゼロトラスト」って何だ?

「信用できない」という前提に立ち、従来の境界集中型セキュリティ対策の欠陥を埋める革新的セキュリティアプローチとして注目される「ゼロトラスト」ネットワークセキュリティ。本書でその詳細を解説していこう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 企業を狙ったサイバー攻撃は増え続け、もはや従来の境界集中型セキュリティ戦略では攻撃を防ぎ切れないことは明らかだ。こうしたアーキテクチャの機能不全の原因は、「組織のネットワーク内は安全」という時代遅れの思い込みと、従来の対策ではネットワーク境界を通過するアプリケーショントラフィックに十分な可視性や制御、保護を提供できないことが挙げられる。

 そのような状況で注目されているセキュリティアプローチがForrester Researchが初めて導入したセキュリティモデル「ゼロトラスト」である。「信用できない」という前提に立つことで、穴だらけの境界集中型対策の欠陥に対応するものだ。

 本書では、ゼロトラストネットワークセキュリティアプローチの必要性とその詳細を解説する。また、ゼロトラストソリューションに必要な基本的条件と機能を挙げるとともに、ゼロトラスト設計に移行する方法についてのガイダンスを提供している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ