レビュー
» 2016年03月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:タブレット導入で成功する企業と失敗する企業、ここが違う5つのポイント

ワークスタイル変革に伴い、タブレットをビジネス導入する企業が増えているが、残念ながら全ての企業が成功しているとはいえない。成功する企業と失敗する企業は何が違ったのか。5つのポイントから成功する秘訣を解説する。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 もはやタブレットはコンシューマ分野のみの利用にとどまらない。多くの企業がタブレットを導入することでワークスタイルを変革し、業務効率を向上させている。だが、導入したものの使われずに引き出しや倉庫に追いやられている失敗例も少なくない。タブレット導入に成功した企業と失敗した企業では、その取り組みにどのような違いがあったのか。

 本資料では、600社を超える企業のタブレット向けサービス導入実績から、成功パターンと失敗パターンを分析、成功するポイントを5つにまとめて紹介する。それぞれポイントごとに、図版や表を交え、コンパクトに解説していく。タブレット導入は、多くの企業にとって初めての試みとなるため、ノウハウ不足が問題となっている。タブレット導入を検討中の企業はもちろん、どうもタブレット導入がうまく進まない、という企業も本資料を参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -