レビュー
» 2016年03月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:4つのケーススタディで解説する、Linux活用課題の解決方法

Linuxを基幹システムやデータ解析といった超重要分野で活用するには、セキュリティ対策をはじめとするさまざまな課題を解決しなければならない。汎用性が高く、コストメリットの大きいLinuxを活用する上で、多くの企業が越えなければならい課題を解決した4つのケーススタディを紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 基幹業務はもちろん、メールなどの汎用情報やデータ収集解析などの分野でもLinux活用が増加している。しかし、Linux OSの中でも大きなシェアを誇る「Red Hat Enterprise Linux」は約6カ月ごとに最新マイナーリリースが提供されるが、修正パッチリリースは最新版のみのため、修正を適用し続けるには約6カ月ごとにOSアップデートが必要になる。そのため、ユーザー企業はアップデートやアプリケーションの再テストなどの運用負荷が増大するだけでなく、障害時復旧の長期化、シフトJISへの対応など多くの課題を抱えているのが現状だ。

 このコンテンツでは、Linux活用に関する4つの課題、「セキュリティ対策」「共通基盤システム」「統合化クリティカルシステム」「シフトJIS資産の有効活用」を解決した4つのケーススタディを紹介する。汎用性が高く、コストメリットの大きいLinuxを活用する上で、多くの企業が越えなければならない課題を果たしてどのような方法で解決したのか? 詳しく見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -