レビュー
» 2016年03月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:徹底検証:I/O高速化でサーバのデータ処理を向上させるPCIe SSDの実力

近年、大規模なECサイトやSNS、ネット接続型のゲームなどのデータベースシステムを中心に高速なI/O処理に対する要求が高まっている。サーバのデータ処理能力向上の鍵を握るディスクI/Oの高速化に力を発揮するPCIe SSD製品の性能を検証してみた。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバのデータ処理における3つのボトルネックはCPU、ディスクI/O、ネットワークI/Oだ。サーバ上で動作するアプリケーション特性に応じてそれぞれにかかる処理時間を最適化する必要がある。データベースのように比較的小さな単位で大量のデータを処理するアプリケーションの場合、データ処理全体に占めるディスクI/Oに要する時間の割合が相対的に高くなるため、ディスクI/Oの高速化がサーバのデータ処理能力向上の鍵となる。

 ディスクI/Oを高速化する手段としてHDDに代わり、SSDが注目されており、なかでもPCIe(PCI Express) SSDはより高速なレスポンス速度が期待できる。本資料は、高いレスポンス速度を実現するPCIe SSD製品について、レスポンス速度やIOPS性能のテスト検証結果をまとめたリポートだ。Webサービス事業者やISPなど高速なサーバ導入を検討している企業は、参考にしたい内容だ。

※同製品と1Uラックサーバをパッケージ化し、導入しやすい価格で提供するキャンペーンも実施しているので、こちらのURLも参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ