ニュース
» 2016年03月24日 07時57分 UPDATE

Google、「Google Now」などで採用の機械学習サービス「Cloud Machine Learning」公開

Googleは、Google Cloud Platformのサービス「Cloud Machine Learning」の無料トライアルの受付を開始した。開発者は「Google Now」や「Googleフォト」で採用するディープラーニング技術を利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月23日(現地時間)、米サンフランシスコで開催のクラウド関連イベント「GCP Next 2016」において、「Cloud Machine Learning」を発表した。こちらから無料トライアルを申し込める。

 gcp 1

 Cloud Machine Learningは、Googleが「Google Now」や「Googleフォト」、「Inbox」などのサービスで採用するディープラーニング技術を、Google Cloud Platformを利用する開発者に提供する。

 gcp 2

 同サービスはGoogleが昨年オープンソースで公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」をベースにしており、開発者はTensorFlowを使って定義したディープラーニングのモデルをGoogle Cloud Platformで展開できる。また、既に提供している「Google Cloud Vision API」や同日発表の「Google Cloud Speech API」などの各種APIを利用することで、機械学習機能を持つアプリを構築できる。

 例えば、回帰モデルを使った変動予測金融サービスアプリや画像分類サービスなどが開発できる。Cloud Machine Learningがデータの摂取から予測までを担う。

 Google Cloud Platformと競合する米Amazon.comのAWSと米MicrosoftのMicrosoft Azureも、それぞれ機械学習プラットフォームを提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -