ニュース
» 2016年03月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド

新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。

[TechTargetジャパン運営事務局]
tosugiura-160328.jpg

 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウス型のワークロードに合わせて調整する。

 本稿では、インメモリデータ処理市場における企業の「SAP HANA」利用動向、他のデータウェアハウスを統合した「SAP Business Warehouse」の実装、出費に見合った価値を保証するためビッグデータアプライアンスの選定に慎重さが求められる理由、シンプル性とビッグデータがアプライアンスの普及を加速させ、サプライヤーがクラウドサービスの統合に力を入れている現状について紹介する。


ダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -