レビュー
» 2016年04月21日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:BCP対策に強み、Windows Server専用のプライベートクラウドソリューションを検証

「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012」で構築されたプライベートクラウドは、Microsoft Azureとの連携でハイブリッドクラウドとしても利用可能なプラットフォームだ。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 社内システムのプライベートクラウドへの移行を検討中の企業で、運用管理しているサーバはWindows Server中心、できるだけコストを抑えつつ、BCP対策にも取り組みたい。本資料は、上記内容に当てはまる企業に適したプライベートクラウドサービス基盤の詳細ガイドだ。

 Windows Server 2012 Hyper-VとSystem Center 2012から構成されたプライベートクラウドソリューションで、Windows Server 2012 R2 Hyper-V ホストマシンをまるごと提供するほか、System Center 2012の各種機能を利用できる(一部オプション)。Windows Serverの仮想マシンをライセンスの追加費用なしで作成できるためコスト削減が可能だ。また、Microsoft Azureと連携することでハイブリッドクラウドとして利用でき、BCP対策としてコストの最適化を図ることができる。

 本資料では、製品とサービス概要、仕様と価格を図版を交え詳しく紹介する。また、社内システム用途、ISV事業者などの利用例を、課題とそれを解決するための構成サンプル、運用ポイントで解説しており、具体的な運用の参考となる資料になっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -