ニュース
» 2016年05月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション

Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 また、ブランド再構築の一部として、オフィススイートである「Office 365」のサービスで、オンプレミスサーバ無しで企業向け電話サービスをサポートする計画も発表した。これにより、将来、会社全体の電話が全てSkype for Business Onlineになる可能性も潜んでいる。

 本稿では、Skype for Businessの名称変更で起きる影響やその狙いを紹介する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -